太陽光発電

太陽光発電の概要

太陽光発電システムは、太陽の光エネルギーを即時に電気にし、それを家庭で使える電気に変換するシステムです。

設置する地域や季節、設置方法によって発電量は違いますが、光熱費などにかかる電気料金の削減ができ、さらに自家消費して余った電力を電力会社に売ることができます。

好条件が揃えば売電による収入も期待できるわけです。石油や石炭など枯渇が心配される化石燃料とは違った、無尽蔵の自然エネルギーであり、CO2排出量も減らせるので、地球温暖化防止にも貢献。

家計だけでなく、環境にもやさしい注目の再生可能エネルギーとして国が普及に力を入れており、発電した電力の買取制度やシステム導入費用に対する充実した補助金制度も用意されています。


太陽光パネルで電気料金が減少します

余った電力は電力会社に売電

日中に発電した電気は、自家消費して使い切れなかった分を電力会社に売ることができます。
電力の売買は自動的に行われるので手間もかからず、しかも電力会社が通常より高価で買い取りするので、月々の電気代を節約でき、導入償却年数も大幅に短縮できるのが魅力です。

昼は売電、朝夜はおやすみ

発電量がなくなる夜間や悪天候のときは、これまで通り電気を購入しますが、各電力会社が設定している、季節や時間帯によって電気料金が安くなる料金プランを利用すれば一段とお得になります。


オール電化との組み合わせでさらにお得

太陽光発電のシステムを利用すると、光熱費はこれまでの約3分の1になるといわれています。さらに給湯や空調など発電した電力をフルに活用できるオール電化と組み合わせると、家庭で必要なエネルギーのほとんどを太陽光発電でまかなえるようになり、月々の光熱費を大幅に節約できます。

LEDや省エネ家電も利用して、電気を効率的に使えばさらに経済的です。


エコにも貢献

省エネ・環境に対する意識が高まる

石油や石炭など限りある化石燃料にかわる再生可能エネルギーの代表格である太陽光発電。

石油や石炭を使わないのでCO2排出量の削減にもつながるクリーンエネルギーとしてますます需要が高まっています。

電力供給問題として電力需要の高まる時間帯をずらすピークシフトにも貢献できます。

太陽光発電システムを導入した家庭では、太陽光での発電量、電気使用量などをモニターパネルで見ることができるので、家族みんなの省エネや環境への意識が高まったという声もでています。


ほかにもあるこんなメリット

災害時にも役立つ太陽光発電

蓄電池

万が一の災害のときや停電時にも、自立運転機能により専用コンセントを用いて電気製品(最大1.5KVA)が使えます。テレビやラジオから情報を得ることもでき、携帯電話を充電して家族との連絡や安否確認情報サービスなどの利用も可能。気ポットでお湯を沸かすこともできるので、温かい食事や赤ちゃんのミルクを作ることもできます。

「リチウムイオン蓄電システム」を活用すれば、普段から余った電力を蓄電しておくことができるので、停電など非常時はもちろん、発電できない夜や悪天候時にも使用することができます。

家の断熱効果が高まります

太陽光発電パネルを設置することで、屋根の上にもう一枚屋根を乗せることになるため、家の断熱効果も高まります。

夏は涼しく、冬暖かい、より快適な暮らしと省エネを実現できます。

ページ上部へ戻る