オール電化

太陽光発電の概要


オール電化について

家庭内のエネルギーをすべて電気に

オール電化とは、家庭で使うエネルギーを電気のみにすることです。具体的にはガス給湯器をエコキュート、ガスコンロをIHクッキングヒーターに、石油やガスのファンヒーターをエアコンや蓄熱暖房にかえるなど。

オール電化のメリットは、火を使わない安全性と、電気を無駄なく利用する経済性があげられます。また、ライフラインの中でも電気は災害時にも復旧が早く、断水時にもエコキュートの貯水タンクの水を使うことができます。非常時にライフラインを確保できる点でも注目を集めています。


オール電化利用のメリット

エコキュートで給湯費を削減

実は家計にかかる光熱費の中で、3分の1を占めるのが給湯費。エコキュートは、おもに空気の熱エネルギーを活用してお湯を沸きあげ、そのサポートに電気のエネルギーを使う効率の高い仕組み(自然冷媒CO2ヒートポンプ式)でお湯を沸かすので、ぐっと光熱費を下げ、省エネを実現できます。

おもに割安な深夜電力を使ってお湯を沸かすので、時間帯別電灯契約により、給湯コストを削減できます。

IHクッキングヒーターで調理費を削減

IHクッキングヒーターで調理費を削減

調理する際の熱源ごとの熱効率を比べると、ガスは
55%、IHクッキングヒーターは90%。

鍋を火にかけたとき、接地面がぴったりなIHクッキングヒーターは、鍋そのものを発熱させるので、無駄な加熱なく、スピーディに効率よく調理ができます。

深夜料金を有効活用

自然エネルギーの太陽光を使って自家発電する太陽光発電システムとオール電化システムを組み合わせれば、さらに効率よく電気を使うことができます。家計にも環境にもやさしい理想のエネルギーシステムが実現します。

太陽光発電との組み合わせでさらにお得

自然エネルギーの太陽光を使って自家発電する太陽光発電システムとオール電化システムを組み合わせれば、さらに効率よく電気を使うことができます。家計にも環境にもやさしい理想のエネルギーシステムが実現します。

ページ上部へ戻る